結婚してからほぼ毎年北海道で年取りをしていたけれど、
この年末年始は東京で夫と二人で年取りです。

”年越し”ではなく”年取り”

北海道では大晦日の夜から新年になって年を一つ取るという旧暦の風習の名残として、大晦日からお祝いをする…ということで大晦日の夜から親戚一同集まって大宴会を行うところが多いようだ。
イーさんのところももちろんそれで、大晦日の夜には食べきれないほどの料理が並ぶ。
おせちも大晦日から食べるのだ。
tositori01
このほかに大納言のお赤飯も、グラタンも、サラダもとぞろぞろ並ぶ!
お義母さんはずっと食堂で働いていたので、料理は大得意だし、量を作るのもプロ。
味もめちゃ美味しい。
私はいつも行ったら盛り付けをちょっとだけ手伝うくらいであとは全部お母さんがやってしまう。
そしてめちゃくちゃ肥えて帰る。

だから今年は本当にどうしたものかと困ってしまった。
おせちもお雑煮もお母さんの味の煮物も作ったことない。
tositori02
何もしてこなかったツケがここに今集結!

でも、夏に続きお母さんやお姉さん、うちの家族からもいろんなものが届いて…
tositori03
あっためたり、切ったり詰めたりしただけで私何一つ作ってない!
しかもこれ全部もらいもの!
お義母さんは私が何もできないことを見越していたのだろう…
市販の旨煮まで入れてくれていて、豪華な年取りができたのでした。

tositori04
酔っぱらってガチ泣き。



zouni
新年が明けてのお雑煮は、関西の白味噌仕立てで。
これだけはちょっとがんばって作りました。